特殊車両通行許可申請は、わかば行政書士事務所にお任せください。日本全国どこからでも対応致します。

トラクタとトレーラの連結検討

トラクタとトレーラには、それぞれ連結できる相手が決まっており、自由に組み合わせることはできません。

トラクタまたはトレーラの車検証には、備考欄に連結できるトレーラまたはトラクタの型式等が記載されており、記載の組み合わせ以外では連結できないことになっているのです。そのため、例えばトレーラを増車したら、既にあるトラクタと連結できるように、車検証へ追加記載しておく必要があります。

この車検証への追加記載は陸運局で行いますが、連結可能な組み合わせであるかどうかを、諸元を基に検討する、連結検討という作業があり、連結検討書という書面を提出します。そして、連結検討書の内容に問題がなければ、車検証に追加記載(登録)されるという流れです。

このように、トラクタとトレーラを連結可能であることが、車検証によって確認できることを、一般に「連結確認されている」と呼びます。

特殊車両通行許可においては、連結確認されている組み合わせ以外では許可を受けられず、通行許可を受けた組み合わせ以外の組み合わせでは、通行することもできません。もし、連結確認されていない組み合わせで申請した場合、申請が差し戻されるか、連結確認(連結検討)されるまで許可が下りないという事態になるため、予め陸運局で手続きを済ませておくのがベストです。

 

スポンサードリンク