特殊車両通行許可申請は、わかば行政書士事務所にお任せください。日本全国どこからでも対応致します。

総重量と長さの特例

セミトレーラとフルトレーラには、車両制限令によって総重量と長さに特例が設けられています。

総重量の特例は、バン型、タンク型、幌枠型、コンテナ用、自動車運搬用の5車種に限られており、道路の種別と最遠軸距に応じて、総重量の制限が以下のように決まります。

道路種別 最遠軸距の範囲 制限値
高速自動車国道 8m≦最遠軸距<9m 25t
9m≦最遠軸距<10m 26t
10m≦最遠軸距<11m 27t
11m≦最遠軸距<12m 29t
12m≦最遠軸距<13m 30t
13m≦最遠軸距<14m 32t
14m≦最遠軸距<15m 33t
15m≦最遠軸距<15.5m 35t
15.5m<最遠軸距 36t
重さ指定道路 8m≦最遠軸距<9m 25t
9m≦最遠軸距<10m 26t
10m<最遠軸距 27t
その他の道路 8m≦最遠軸距<9m 24t
9m≦最遠軸距<10m 25.5t
10m<最遠軸距 27t

※高速自動車国道には、首都高速道路、阪神高速道路、その他の都市高速道路および本州四国連絡橋道路は含まれません。

長さの特例は、適用が高速自動車国道だけで、セミトレーラとフルトレーラで制限値が異なっています。また、貨物が車両の前後にはみ出していない場合の長さです。

セミトレーラ:長さ16.5m
フルトレーラ:長さ18m

一般的制限値(長さ12m)を超え、特例の範囲内の長さに該当する車両でも、特例が高速自動車国道に限られるため、高速道路と一般道路の両方を利用する場合は、一般道路については通行許可が必要になります。

 

スポンサードリンク