特殊車両通行許可申請は、わかば行政書士事務所にお任せください。日本全国どこからでも対応致します。

特殊車両とは

日常において走行に使用されている道路は、一般的制限値と呼ばれる、政令で定められた規定の範囲内にある車両の通行を前提としており、一般的制限値を超える車両の通行は、道路法によって禁止されています。

この一般的制限値を1つでも超える車両のことを特殊車両と呼び、一般的制限値は次のように規定されています。

車両の諸元 一般的制限値(最高限度)
2.5m
長さ 12m
高さ 高さ指定道路:4.1mその他の道路:3.8m
総重量 高速自動車国道または重さ指定道路:25t
その他の道路:20t
隣接軸重 隣り合う車軸の軸距が1.8m未満:18t
隣り合う車軸の軸距が1.3m未満かつ隣り合う車軸の軸重がいずれも9.5t以下:19t
隣り合う車軸の軸距が1.8m以上:20t
軸重 10t
輪荷重 5t
最小回転半径 12m

特殊車両は、車両本体が一般的制限値を超える場合だけではなく、貨物を積載した状態において、または他の車両を牽引している状態において、一般的制限値を超える場合にも該当します。

 

スポンサードリンク